1. クリアアライナーやインビザラインという歯列矯正器具
  2. 乳歯がある状態では歯列矯正はできない
  3. 歯の欠損を補う最強の治療方法はインプラント
  4. 治療の失敗しない歯医者を選ぶコツがあるって知ってた?
閉じる

歯の欠損を補う最強の治療方法はインプラント

人間の歯は、乳歯から永久歯へと1度だけ生え変わります。
そのため、永久歯が抜けてしまうとそれ以上歯が生えてくることはありません。
歯がないことを欠損と呼びますが、見た目が悪いだけでなく噛む力も弱くなってしまいます。
欠損は色々な要因で起きますが、特にスポーツをやっている人は物理的なダメージを受けて歯を失う場合は多いです。
特にスキーヤーやサーファーなど、自然と共に楽しむスポーツでは予想外の事故も起きるでしょう。
ニセコや湘南といった地域では、それも多いのではないでしょうか。
歯が抜けた状態をそのままにしていると、様々な問題が起こります。
人間の歯はかみ合うことで一を維持しています。
上の歯が抜けてしまうと、噛みあうことがなくなり、下の歯は上に伸びたようになり、この状態を挺出と言います。
さらに、隣の歯が抜けると横に倒れる傾斜と呼ばれる状態になることは意外と知られていません。

歯がない状態を放置すると、どんどん見た目が悪くなり、噛む機能である咀嚼機能は低下してしまいます。
また、中には乳歯から永久歯に生え変わる際に永久歯がなかったり、乳歯そのものがないという先天性欠損と呼ばれる状態の人もいます。
先天性欠損は元々歯がない状態なので、後から増やすことはできません。
見た目も咀嚼機能も低いままです。
永久歯が抜けてしまって、歯を失うことは後天性欠損とも呼ばれます。
従来は歯がないところの治療法と言えば入れ歯しかありませんでした。
入れ歯は粘膜の上にのせているだけなので、外れやすく、噛むと痛みを感じるという治療です。
プラスチック樹脂でできているので、作り物という感じがしてしまい、見た目もよくありませんでした。

そこで、入れ歯に代わる、歯の欠損を補うための治療がインプラントです。
インプラントは、手術によって歯のない部分の骨にチタンを埋め込むという治療です。
チタンと骨は結合するので、入れ歯のように外れる心配はありません。
チタンの上にはセラミック製の人工歯を装着するので、見た目も自然です。
透明感のある白さは、自分の歯のような質感を出すことができ、1本だけインプラントにすると周囲との違いが判らないほどです。

インプラントには興味があるけれども、手術には抵抗があるという人は少なくありません。
しかし、日帰りで行える内容で、時間も1時間ほどで終わります。
局所麻酔なので、自分の足で歩いて帰ることもできます。
インプラントは骨と結合しているので外れることもなく、噛み心地も自分の歯のようです。
咀嚼機能も、本物の歯を10とすると入れ歯は3ほどの力しか出すことができませんが、インプラントであれば8~9という高い数字を出すことができます。
ただ、健康保険が適用にならないので、費用の面では高くなってしまうかもしれません。
ニセコ付近はさほど栄えていないので札幌まで足を運ぶ必要はありますが、湘南と呼ばれる地域では、インプラント治療を藤沢市で行うと利便性もよくおすすめです。

関連記事
  1. 子供の乳歯
おすすめ記事
  1. 歯の欠損を補う最強の治療方法はインプラント
  2. クリアアライナーやインビザラインという歯列矯正器具
  3. 治療の失敗しない歯医者を選ぶコツがあるって知ってた?
  4. 乳歯がある状態では歯列矯正はできない
ピックアップ記事
  1. 日本にはたくさんの歯医者があり、その数はコンビニよりも多いです。けれども、歯が痛くて行った歯医者…
おすすめ記事
  1. 歯の欠損を補う最強の治療方法はインプラント
  2. クリアアライナーやインビザラインという歯列矯正器具
  3. 治療の失敗しない歯医者を選ぶコツがあるって知ってた?
  4. 乳歯がある状態では歯列矯正はできない
ページ上部へ戻る