1. クリアアライナーやインビザラインという歯列矯正器具
  2. 歯の欠損を補う最強の治療方法はインプラント
  3. 治療の失敗しない歯医者を選ぶコツがあるって知ってた?
  4. 乳歯がある状態では歯列矯正はできない
閉じる

乳歯がある状態では歯列矯正はできない

子供の乳歯

歯並びを矯正する歯列矯正は、今とても注目されています。
歯並びが悪い事は審美的なデメリットだけではなく、健康面でも頭痛や肩こりなどを引き起こしたり、スポーツをされる方の影響もあります。
もしお子さんの歯並びが悪いようでしたら、早い段階で相談した方が良いでしょう。

ちなみに、子供の場合には乳歯がある状態では通常のワイヤーを使った方法では歯列矯正を行いません。
その理由として、子供の歯は生え代わりがありますので、ワイヤーを付ける方法ですと生え代わりに影響したり、次に生えてくる永久歯にどの様な影響が出るかわからないためです。
歯列矯正を本格的に行うのは、すべて乳歯から永久歯に生え代わってからという事になります。

しかし、その前の段階として、マウスピースを使った方法はしばしば取り入れられています。
現代の子供は、やわらかい物を好んで食べる傾向があり、顎の骨の成長が悪いのです。
そのため顔が小さいという傾向もあり顎の骨の発達も悪く、きちんと歯が生えてくる場所が確保できないため、歯並びが悪くなってしまいます。
それを初期の段階でマウスピースを使い矯正することで、顎をひろげ歯の生えてくる場所を確保することができます。
同時にマウスピースを使う事で、舌の癖を直すといったメリットもあります。
永久歯がきれいに生えてくるように環境を整える事にもつながるのです。

このマウスピースは基本的に就寝時に装着して、日中は取り外しますので、通常の歯列矯正とは少し異なります。
大人になって永久歯もすべて生えそろった状態からスタートする場合は、あまりに歯が重なっていると抜歯をすることがあったり、隙間が空きすぎて失敗してしまうケースも有ります。
子供のころマウスピースで顎を広げる段階からスタート出来れば、抜歯するリスクも減らすことが出来るでしょう。

歯列矯正は様々なクリニックで行われていますし、クリニック選びというのも重要なポイントになります。
実績や経験が豊富で、子供であれば小児専門の歯列矯正を行うクリニックに相談すると、失敗せずに思い通りの歯並びになります。
もちろん長く通う事になりますので、通いやすさであったり、歯科医との相性なども考慮して選んでいく事もポイントの一つです。
いくつかのクリニックで診察を受けて、相性が良い所で見積もりを取って比較と検討をするというのがベストな方法でしょう。
子供の歯列矯正は、完全に生え代わってから行うよりも乳歯から永久歯に生え代わるタイミングで行うのがお勧めです。

関連記事
おすすめ記事
  1. 歯の欠損を補う最強の治療方法はインプラント
  2. クリアアライナーやインビザラインという歯列矯正器具
  3. 治療の失敗しない歯医者を選ぶコツがあるって知ってた?
  4. 乳歯がある状態では歯列矯正はできない
ピックアップ記事
  1. 日本にはたくさんの歯医者があり、その数はコンビニよりも多いです。けれども、歯が痛くて行った歯医者…
おすすめ記事
  1. 歯の欠損を補う最強の治療方法はインプラント
  2. クリアアライナーやインビザラインという歯列矯正器具
  3. 治療の失敗しない歯医者を選ぶコツがあるって知ってた?
  4. 乳歯がある状態では歯列矯正はできない
ページ上部へ戻る