1. 乳歯がある状態では歯列矯正はできない
  2. 治療の失敗しない歯医者を選ぶコツがあるって知ってた?
  3. 歯の欠損を補う最強の治療方法はインプラント
  4. クリアアライナーやインビザラインという歯列矯正器具
閉じる

矯正歯科で歯並び改善の歯科治療を受けるメリットとデメリット

"歯並びの良し悪しというのは思いの外大きな影響を与えます。 歯並びが良いと見栄えが良く見えたり食べ物をしっかりと咀嚼できて消化に良いなど挙げられますが、歯並びが悪いと活舌が悪くなったり虫歯になりやすくなります。 しかし歯列矯正にもメリットやデメリットが存在するので、このサイトで調べて歯列矯正を受ける際の参考にしてみてください。 "

歯科治療室

マウスピース歯列矯正にはいろいろな種類があり、ワイヤーやブラケット・マウスピースなどを使って歯並びをきれいに整えることが可能です。
矯正歯科を利用する治療期間を短く効率的に施術を受けることができます。
セラミックやハイブリットの素材を使って部分矯正を行うことができたり、治療費はやや高額になりますが医療控除などを受けることができるのでコストを抑えることができるでしょう。
歯科矯正というと子供が治療を受けるというイメージがありますが、大人になってからでも矯正歯科を利用することができます。
子供の頃と比べると大人の歯は位置が定着しているので矯正には治療期間がやや長くなりますが、大人になってからでも十分間に合います。
審美面を考慮して大人になってから矯正を始める人も多く、歯並びを整えることによって健康状態にも良い影響が現れます。

歯並びをよくすることで健康的な体でいられる

綺麗な歯並び歯列矯正によるメリットには歯並びが悪いなどのコンプレックスから解放されたり、ストレスが解消することがあげられます。
人の目を気にしないで笑えたり、積極的に物事を取り組めるようになったといった性格的なことにもプラスの影響を及ぼすでしょう。
噛み合わせの悪さが解消するので左右の歯できちんと咀嚼できるようになり、胃腸などの消化器官への負担を減らすことが可能です。
特定の歯に強い力が加わらないので歯ぎしりがなくなったという人もいて、歯列がそろうと歯磨きやデンタルフロスなどがしやすくなります。
食べ物が詰まりにくく歯磨きで簡単にきれいに落とせるようになり、虫歯などのリスクを低下することが可能です。
口の中を清潔に維持することで口臭を改善することができたり、歯並びや噛み合わせなどが良くないとバランスが悪くなり頭痛や肩こり・めまいなどの症状が起こりますが歯列矯正により体全体のバランスが整うので体の不調が解消される可能性もあります。

歯列矯正にはいくつかデメリットもあります。
例えば矯正する歯にブラケットという小さな器具を取り付けワイヤーを通して固定させる方法があり、ブラケットに通したワイヤーを引っ張って歯全体の形をきれいに整えることが可能です。
最近は透明な素材が使われていますが、見た目の悪さが気になる場合もあります。
隙間に食べ物が挟まりやすく虫歯になりやすいことがあげられます。
舌側が器具に触れるので口の中に違和感が生まれたり、話しづらさを感じます。
虫歯などのトラブルを生じやすく、舌側を傷つける可能性もあるでしょう。
マウスピースを使用すると見た目を気にして外しがちになったり、外す時間が長くなると矯正にかかる治療期間も長くなります。

矯正歯科で治療を開始する適切な時期はいつ?

歯列矯正は子供の頃に行う人が多くいます。
子供の歯並びはその人の症状によってさまざまで、症状に適した治療方法や治療期間も異なります。
一般的に矯正歯科では患者にとって最適な治療を提供していて、治療の開始時期や利用する装置などを慎重に検討してくれ適切な治療計画を立ててくれるでしょう。
例えば6才未満の子供の場合はまだ患者自身が歯並びの問題などを理解しておらず、治療の必要性を患者本人が認識し納得するのが困難な場合が多くあります。
実際治療の協力を得ることが困難なケースがあり、経過観察をする人もいますが早期に治療をスタートする方が望ましい症状もあります。
保護者とよく相談し気になったら矯正歯科に相談して見ると良いでしょう。

矯正歯科は幼少期の時に行う方が安く済む

人によっては6才頃から開始した方が良かったり、永久歯が生えそろうような中学1年生が最適な場合もあります。
人によっては顎の成長が落ち着く18歳頃が最適である場合もあり、その人の症状によって治療をスタートする最適な時期は異なります。
保護者や患者自身は適切な治療時期を判断することは難しいので、歯並びのことで気になったら矯正歯科に相談しましょう。
医師と相談して適切な時期に治療をスタートすると効率良く施術を受けることが可能です。
大人になってからでも治療を受けることができ、歯が生えそろい成長が落ち着いた18歳以上の人は基本的に歯周病といった他の歯科的な問題がないと何歳からでも治療を始められます。
6歳~小学校中学年までの費用はだいたい10万円~40万円ぐらいで、永久歯がきれいに生え揃うために上下の顎のバランスや大きさを整えるような矯正が中心になります。
小学校高学年~中学生くらいまで費用は30万円~60万円で、永久歯が生えそろっている状態において基本的な治療は大人の矯正と同じです。

比較的リーズナブルな治療費で施術を受けることができ、子供の頃から歯列矯正を受けているとこの施術が安価に設定されるケースがあります。
子供の矯正といっても審美目的になるので、基本的に保険適用範囲外です。
顎変形症に認定された場合、外科手術を伴う治療プロセスを経ることによって保険が適用される可能性もあります
大人の場合セラミックやハイブリット素材による部分矯正などを受けることができるので便利です。
子供の頃から始める方がきれいな歯並びを早い段階から維持することができますが、大人になってからでも遅くないので十分きれいな歯並びに仕上げることができます。

矯正歯科選びは重要

事前の入念なカウンセリング、術後のアフターケアが充実している矯正歯科は神奈川県にあります。
神奈川県茅ヶ崎の歯科医院で歯の治療をすることをお勧めいたします。
また、矯正歯科でオススメの地域は横浜とも言われているので合わせてご覧いただきたいと思います。

ピックアップ記事
  1. 日本にはたくさんの歯医者があり、その数はコンビニよりも多いです。けれども、歯が痛くて行った歯医者…
おすすめ記事
  1. 親知らずは歯医者で抜歯しよう!大体が悪影響を及ぼす
  2. 歯の欠損を補う最強の治療方法はインプラント
  3. クリアアライナーやインビザラインという歯列矯正器具
  4. 治療の失敗しない歯医者を選ぶコツがあるって知ってた?
  5. 乳歯がある状態では歯列矯正はできない
ページ上部へ戻る